祖先に謝意のお墓参りをしにお盆休みは必ず行きましょう

こどもの頃、お盆のお墓参りは苦しみ本人だった。おばあちゃんの実家に通える、従兄弟たちと巡り会えるから、頑張って父母に連れられ行ってはいたが、心中は嫌で嫌で秘訣なかった。鬱蒼としたお墓とその周辺をあるくのも、苦痛だった。今回でこそ、お墓の近所も整備され、すぐ近隣まで愛車で行くことができるようになったが、昔は田んぼのしている時の路上をひたすら花や水を持って、歩いて行った。田舎ならではの各種虫がいて、刺されることが最高不満だった。古びたお墓にコツを合わせて形だけのおまいりはしたが、お墓の先祖を分かる筈も無く、なんの願いれもなかった。早く帰りたいと思っていた。
年月がたち、かわいがってくれた祖父母たち、そして父母までが絶命した。だんだんと自然にお墓が不愉快住所ではなくなった。なくなった祖父母や父と心の会話ができるところのような気がして、できれば何度でも行きたい場所にかわった。
今結婚して、うちとは遠いところにいる。ゆっくり先祖、祖父母、父のお墓参りができるのは、81箇月の夏休みのことだけになった。今お墓は、すぐ近隣で拝礼できるようにと、田舎から近くのお寺のしている時にかわった。オレンジに色付いたほおずきの入ったお盆みたいの仏花を供え、赤白の提灯を示す。ロウソクと線香に火を点け、お墓にコツをあわせ、ゼロ年分の安堵を思い切りやる。暑い夏季の夕方、また機嫌が新たになるひとときです。
http://xn--q9js6u1e4a7c.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です